分析サービスのご案内 >> 

三浦工業のLAS分析

三浦工業のLAS分析
ダイオキシン分析
短納期分析(公定法)
ミウラ迅速分析(簡易法)
土壌汚染調査
排水・河川水等濃度調査
TPH試験(GC-FID法)
絶縁油中PCB分析
ご依頼から結果報告まで
絶縁油のPCBについて
有機顔料中PCB分析
放射能測定
食品分析
LAS分析

LAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩)

下水(流入水・放流水)

※下水中の直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)も対応可能です。
分析方法   S46環告59付表12準拠
定量下限値 放流水:0.0001mg/L
                 流入水:0.01mg/L

環境水

平成25年3月に、環境基本法に基づく水質汚濁に係る生活環境の保全に関する環境基準のうち、水生生物の保全に係る環境基準の項目に追加されました。

項目

水域

類型

水生生物の生息状況の適応性

基準値

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩

河川及び湖沼

生物A

イワナ、サケマス等比較的低温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域

0.03mg/L
以下

生物特A

生物Aの水域のうち、生物Aの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域

0.02mg/L
以下

生物B

コイ、フナ等比較的高温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域

0.05mg/L
以下

生物特B

生物A又は生物Bの水域のうち、生物Bの欄に掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域

0.04mg/L
以下

海域

生物A

水生生物の生息する水域

0.01mg/L
以下

生物特A

生物Aの水域のうち、水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生育場として特に保全が必要な水域

0.006mg/L
以下

分析方法:水質環境基準告示(S46環告59付表12)
              ※測定方法はLC/MS/MS
定量下限 0.0006 mg/L



トリプル四重極LC/MS/MS

まずはご相談下さい! お問い合わせ

space

ページトップへ

分析サービスのご案内
b_line